スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2010年28号ジャンプ感想 (西先生読み切り『魔境旅行師グラム』掲載号)




ジャンプ感想とは直接関係ないですが、日曜日に『君に届け』作者の椎名軽穂先生のサイン会に行ってきました。
現地報告記事的な何かを書きましたので興味がありましたらご覧ください!!


NARUTO

「だってばね!」 …これは萌えない。

まあママンの口癖はさておき、二人の馴れ初めエピソードは意外に心暖まるものでした。
男勝りの女性が優男の意外な強さにホレるっていうのもすごくテンプレ的でよかったと思います。
両親の黄色と赤を混ぜてオレンジっていうのもおそらく岸本先生が連載当初から考えていたエピソードでしょうし、
きっと今頃岸本先生はしてやったり顔でいるに違いない。

九尾とのバトルの最中に回想シーン入れるとかテンポ悪くね?という意見もあるかもしれませんが、
逆に僕は一週で回想が終わったところを評価したい。
正直もうワンピの回想に飽きてきてる自分がいるんですよ。
いくらエースとルフィの関係を語る上で必要とはいえ、最近のサボの話は冗長すぎると思うのだがどうだろうか


少年疾駆

今週はちょっと辛口感想気味にいきます。

img021_convert_20100616013651.jpg

僕は画についてはズブの素人ですが、さすがにこの構図は何かがおかしいと思う。
ゴールがボールくらいの奥行きしかないのはどういうことなんだぜ?
画力については発展途上ということであまりツッコミたくなかったけど今週は我慢できなかった。

次にストーリーというか話の見せ方についてツッコむと、阿久井くん(というか附田先生)は
地区大会2回戦で自分は12点、大鳥くんは4点→だから自分のほうが実力は上だ、と主張したいんだろうけど、
そもそも相手が同じじゃないから全く比較として不適切な上に、阿久井くんが凄いというより
一人のFWに12点取られるチームってどんだけショボいんだよという意識のほうが強くなっちゃって
全然阿久井くんの凄さというか脅威が伝わってこないんだよね。
ここは最低でも同じ相手(しかもそこそこ強豪)を引き合いに出した上で、
大鳥くん2点、阿久井くん4点くらいのほうが逆に阿久井くんの強さがリアルに伝わったのではなかろうか。

また、身長約180cmの阿久井くんに対して
「こんなでかいやつ…ベンチにいても気付くだろ…!?」と大鳥くんは驚いているけど、
そんな奴が同級生にいて今まで認識してないとかあり得ないだろと小一時間ツッコみたい。
廊下ですれ違うだけで嫌でも印象に残るよ。

ちなみにこちらのサイトによると小学6年生男子の平均身長は145.1cmらしいので、
157cmの大鳥くんもかなり大きいほうなんですよね。
ていうか冷静に考えるとhydeよりデカイのか。小学生に負けるhydeェ…


ということでまとめると画もストーリーもちょっと粗が目立った回でした。
やっぱり4週目ということで時間的な余裕がなくなってきてるのでしょうかねぇ…。
相変わらずちかちゃんは可愛いけど、それだけじゃジャンプの競争は勝ち抜けないのは明らかなので
ここでクオリティの高い話を書き続けられるかどうか正念場ですね。


魔境旅行師グラム(読み切り)

そんな少年疾駆よりもはるかにアレだと思ったのがこちら。
西先生はムヒョロジで力を出し尽くしちゃったのかと本気で心配になってしまいました。

まずヒロインとしても相棒としても春雨さんの存在意義が全くと言っていいほど無い。本当に何も無い。
彼女がいなくても主人公視点で何も問題なく同じ話が書けるのは一周まわって凄い気がしてくるくらい。
せめて父親が異常生物の研究者で、異常生物に関する知識は誰にも負けないとか、
非常にテンプレ的ではあるけれどそういう一面で主人公の補助をしたりすれば全然印象違ったのになぁ。

あと読み切りだから仕方ないっちゃ仕方ないけど、突然世界に異変が起きて世界は魔境になった
とか言われてもさすがにそれは説明というか設定はしょりすぎとしか思えない。
その辺少しは『PSYREN』を見習った方がいいと思います。


黒子のバスケ

試合終了後のエピローグということでしたが、
あれで青峰くんはまだ本気を出していなかったというのがなんだかすごく残念に感じました。
なんというか…先週までの黄瀬くんの頑張りは何だったの!?という風に思っちゃうんですよね。

そしてついに5人目のキセキの世代が登場しましたが・・・
紫原(むらさきばら)って読みづらすぎるだろ常識的に考えて・・・・・・
最後は白が来ると思っていたので、紫は予想外でした。
さて、紫原くんですが身長から察するにどうやらセンタータイプのようなので、

始解:オフェンスディフェンス問わずリバウンドを100%取る
卍解:ダンク以外、相手のシュートが100%リングに嫌われる→リバウンド取り放題

という能力を予想してみたんだがどうだろうか?
自分で書いておきながらこんなこというのもどうかと思うけど、反則だなこれw


ぬらりひょんの孫

「心も体もオレにあずけろ!」と言われて慌てふためくつららちゃんの可愛さはさておき、
文字通り雪女のすべてを氷の剣として纏うリクオに日番谷くん以上のオサレを感じました。
思わぬところで久保先生危うし。


PSYREN

まあ…そりゃPSIの力使ってるよねお父さん。

先週の予想(というか願望)がハズレて残念半分安心半分といったところでしたが、
今週のお父さんの繰り出した技の数々をまとめると、


・”ノヴァ”はDBでいうところの界王拳(自分の能力全般を爆発的に高める)
・”星空間”はノヴァ発動中限定で使える特殊技
・星空間の能力その1→空間自体に対するPSIの無効化(外部からの攻撃を遮断、内部からは出られない)
・   〃    その2→閉じ込めた相手のPSI能力を(一定程度)抑制
・   〃    その3→重力操作によって敵は重く、自分は軽くなる


いやー、まとめてみるとエラい鬼畜な能力ですねこれは。
PSIの力で空間を打ち破ることは不可能、能力者を倒そうにも肝心のPSIは半分以上弱められる上に、
身体能力は自分↓相手↑になるってそれどんな無理ゲーだよwww
ハンターでこんな念能力使おうと思ったら「どれほどの代償を払えばこれだけのPSIを…!!」ってレベル。

まあ結果としてはやはり代償のほうが大きく、お父さんは途中で倒れてしまうワケですが、
しかしこれは実にアゲハ・雨宮さん好みの能力というかなんというか・・・
あの二人なら余裕で自分の身とか省みずに力を追い求めそうだし。
マリー救出の前に、二人のノヴァ習得イベントが入ったりするのかな?さすがにそれは時間的に厳しいか。
ヒリュー君も登場したことですし、PSYRENからますます目が離せませんね。

あとお婆さんとヴァン君を生かしとく辺り、ヴィーゴさんはとても紳士だと思いました。


めだかボックス

今週あらゆる面でピカイチだったのがめだかボックス。

わずか4ページの回想で王土君のキャラを掘り下げ、
今までの十三組とのバトルをめだかの能力の謎を紐解く鍵としてことごとく回収し、
極めつけは完成(ジ・エンド)という中二心をくすぐるネーミングセンス。

西尾先生は本当にいい仕事をしてくれます。
この出来具合とROCKON!、四ツ谷先輩の下降っぷりを見るに、まだまだ打ち切りの心配はなさそうですね。
[ 2010/06/16 03:08 ] ジャンプ感想 | TB(0) | CM(0)

『君に届け』椎名軽穂先生のサイン会に行ってきた!

昨日6月13日札幌コーチャンフォーミュンヘン大橋店にて
『君に届け』でおなじみ椎名軽穂先生のサイン会が行われたので行ってきました!

サイン会案内_convert_20100614183635

ちなみに11日の整理券配布は朝から始発で行きました。
それでも着いたとき既に40人も並んでいた辺り、この作品の人気の高さが伺えますね。

え、仕事はどうしたって?
世の中には有休という素晴らしい制度があってだな、フフフ……(良い子はマネしてはいけません)

さて、11巻と別マを購入し無事整理券もゲットしたところで、
サイン会に参加するにあたってまず思い悩んだのが、一体何にサインしてもらおうか?ということでした。
普通に考えると色紙が妥当なところだと思うのですが、自分はあまり色紙を飾る習慣がないので、
作品中で一番思い入れのあるコミックス10巻を持っていくことにしました。(Tシャツとかも考えたけどさすがに却下)
ちなみに10巻は爽子と風早君がカップルになる記念すべき巻です。
思い出すだけでニヤニヤが止まりませんね!

…と、そんなことを考えつつ何事もなく二日が過ぎ、めでたく当日を迎えたわけなんですが、
持参した10巻を手に持ちつつサイン会の列に並んでいたところ、ここで予想外のハプニングが。

以下、回想。。。


店員
「お客さま、失礼ですが11巻はお持ちじゃなかったでしょうか?」

管理人 「えーと、持って来てないですね(10巻に書いてもらいたいからな!)」

店員 「あのー…誠に申し訳ないのですが今回のサイン会は11巻限定となっておりまして…」

管理人!?

店員他の品物にサインはできないことになってるんですよ」

管理人 「(ちょww)え…と、どうしたらいいですかね??」

店員 「いまもう一冊ご購入いただければ…、後日レシートを持ってきていただければご返金いたしますので」

管理人 「……わかりました」


ということで手元には君に届け11巻が2冊あるっていうね。
しかも返金してくれるとはいえ、ウチからお店までの地下鉄代の方がコミックスより高くつくというんだから手に負えない。
まあ最初に買った11巻の限定版には帯がついていなかったので420円で帯を買ったと思えば…(涙)

ただ一つ言えることはTシャツ持っていかなくて本当によかったということですw
サイン会って普通こういう決まりなのでしょうか?今回が初参加だったこともあってちょっと驚きました。


そんなハプニングも乗り越えつつ、ついに椎名先生と対面することとなったのですが、

椎名先生若い!!つーかキレイ!!ヤバイ!ってのが第一印象。

いやーお世辞抜きにいい意味で本当に驚きました。芸能人で例えると三船美佳さんみたいな感じでしょうか?
美人漫画家としてメディア露出しても全然イケると思います。

そして頂いたサインがこちら↓(下はサイン会で頂いたポストカード詰め合わせです)
椎名軽穂先生サイン

参考:読売新聞広告↓
todoke_311_14.jpg

間違いなくホンモノですね!!(当たり前ですがw)
しかしCalpin on JAPANってどういう意味??

---
以上、サイン会について簡単にまとめてみましたがいかがだったでしょうか?
撮影禁止だったこともあって現場の雰囲気等が全く伝わらないことをお許しくださいw

今回時間と人数の関係上、あまり椎名先生とお話することはできませんでしたが、
北海道で作者に直接会えることはなかなか無いので、個人的にはとっても貴重な経験になりました。
椎名先生に限らず、またこんな機会があればぜひ行きたいですね!


[ 2010/06/14 22:14 ] やってみた | TB(0) | CM(0)

2010年27号ジャンプ感想 (黄瀬vs青峰決着!号)

黒子のバスケ単行本7巻発売!ということで、
本誌掲載時と比較しての加筆修正点についてこちらの記事でまとめました。
見づらいかと思いますが、よろしければご覧ください。


黄瀬黒子のバスケ

もう主人公は黄瀬くんでいいんじゃないかな。

わりと本気でそう思ってしまうくらい、今回の海常vs桐皇学園戦は心踊る試合でした。
いや誠凛の試合がつまらないということは決してないのですけどね。
”キセキの世代同士のバトル”というこの作品にとっての一流食材を見事に高級料理に昇華させた
藤巻先生に惜しみない拍手をおくりたい。

おそらく次週エピローグが入るでしょうし、
詳しい感想はその後にでも単発記事でできたらなー…と無駄にハードルを上げてみるテスト。


PSYREN

通信空手最強伝説!

一瞬にしてアゲハ・シャオがやられたところに颯爽と飛び込んでくるアゲハ父カッコ良すぎ。
なんとなくARMSの高槻巌パパを思い出したのは僕だけではあるまい。
来週アゲハ父がPSIの力を持たない一般人で通信空手の腕だけでジュナスと互角に渡り合うようなことがあれば
PSYRENの単行本全巻買ってきます。本当にそうなりそうでちょっと怖いな・・・


ぬらりひょんの孫

つららがいつパームさんのように自害を図るか気が気じゃなかった今週のぬら孫。
作者が冨樫先生じゃなくてよかった。そんな鬱展開は見たくないぜ。
しかし男坂も真っ青な超速展開でザコ戦をぶっ飛ばしていくのは素晴らしいですね。
なんというか力の入れどころがちゃんとわかってるな、というのが読み取れるだけで安心できます。
どうでもいい戦いで何週もかけるような漫画はBLEACHだけでお腹いっぱいです。
エスパーダとは一体なんだったのか・・・


バクマン。

愛を憎悪に変えて…修羅と化した女が2人の行く手を阻む!!

まるでバトル漫画のアオリのようで吹いたww編集さんノリノリすぎる。
昼ドラ女優化した岩瀬さんの作品が今後どのように変化していくのかも見物ですが、
とりあえず服部さんが岩瀬に手を出してなくてよかった
10%くらい本気でその展開もあると思ってたんで…


少年疾駆

ギリ ギリ ギリ ギリィ ブゥン ゴガ

信じられるか・・・?ヘディングの効果音なんだぜこれ・・・・・・

まあそんなネタ的な部分は置いといて、今週も面白く読めました。
体育でみんなにカッコいいところが見せれるとはしゃぐ大鳥くんも、
「男子なんて…大きらい!」と論破されて拗ねるちかちゃんも、
鋼の肉体美!天空の王者!!と自称する阿久井くんも、
みんなすごくマンガ的に小学生小学生していて見てて微笑ましいです。

3話終わった段階では良作になりうる要素は随所に見られるので、
今後どのように話を転がすか作者の力量が試されるところですね。附田先生には頑張ってもらいたい。


LOCKON

ほぼ初対面の二人にモテるコツを伝授(しかも実践つき)してくれようとしたり、
最後ちゃんと真田くんにアドバイスをしてあげたりと、池谷くんは心もイケメン。

「次にイケメンボイス!イケメンの口から放たれる超音波だ!!」
「バっ…バカヤローーイケメンを信じろ!!」


このあたりのセリフ回しにすごくセンスを感じましたw
[ 2010/06/08 19:05 ] ジャンプ感想 | TB(0) | CM(0)

黒子のバスケ単行本7巻 加筆修正まとめ

『黒子のバスケ』7巻、遅ればせながら入手しましたので、
加筆修正された部分についてまとめてみました。
コミックスを読むにあたって、参考にしてみてください。

画像は上・左が本誌、下・右が単行本です。


第53Q

p1
モノローグが6行から7行に
img009_convert_20100607182822.jpg

p2
6コマ目背景黒ベタ追加

p3
「2つ」→「二つ」

p8
背景を追加
img010_convert_20100607184539.jpg
回想シーンの挿入でわかりやすくなりました

p11
4コマ目背景追加

p13
「じゃああがんぞ」→「じゃあ上がんぞ」
「一週間後」→「1週間後」
「一週間」→「1週間」

p14
「一週間」→「1週間」

p15
「分かんの」→「わかんの」
「どんな人なん(改行)ですか?」→「どんな人(改行)なんですか?」

第54Q

p1
謎の?JASRACコード変更
「出1000350-001」→「出1006173-001」

p7
暗幕のベタ等の追加
img018_convert_20100607203537.jpg

「一人言」→「ひとり言」

p10
5コマ目背景黒ベタ追加

p12
人型の背景が追加
img020_convert_20100607204300.jpg
トーンを使ってうまいこと人を表現

p13
小金井くん(?)の服の色が白色に変更
「三年間」→「3年間」

第55Q

p1
「かけて…」→「賭けて…」

p3
「以前誠凛は」→「以前 誠凛は」半角スペース追加

p8
「…?」→「……」,「けど何だ…?」→「けどなんだ…?」
img017_convert_20100607202853.jpg

p12
5コマ目背景黒ベタ追加

第56Q

p2
3コマ目「えええ~~~~」の台詞追加

p3
「三日連続」→「3日連続」

p4
2コマ目背景追加

p8
5コマ目背景追加

p10
「1年」→「一年」

p15
3コマ目背景黒ベタ追加

p17
「木吉とお前(改行)は違うけど」→「木吉とお前は(改行)違うけど」
「今日試合後に」→「今日 試合後に」半角スペース追加

第57Q

p6
「その後」ルビ 「アト」→「あと」

p9
「中一」→「一年」
「中2」→「二年」
「キセキの世代」ルビ 「彼ら」のサイズ縮小

p13
7コマ目背景追加

第58Q

p3
リコ 「えー」の台詞追加

p6
吹出し口(?)が2ヶ所追加
img012_convert_20100607200126.jpg
本誌掲載時だと木吉くんが「大丈夫か」と言ってるようにも見えるのでそこの修正

p8
土田くん(?) 「コガー!」の台詞追加
小金井くん登場シーンは癒されますねw

p10
赤丸で指示した部分(なんて呼ぶの?)が追加
img013_convert_20100607201730.jpg

p12
2コマ目背景追加

p15
「あとは頼む…」→「あとはたのむ…」
「料理出来んの!?」→「料理できんの!?」

p18
「あれえ――!?」の文字の大きさ、位置が変更
img016_convert_20100607202339.jpg
本誌掲載時に比べて「れ」が見づらくなった?気も…

2コマ目背景追加

第59Q

p10
火神 「届かねっっ」の台詞追加

p11
「ブランク空け」→「ブランク明け」

p15
「強ぇえよ」→「強えよ」

p17
「やってる事は」→「やってることは」

p18
「鉄平も向いてると思うわ」→「鉄平も向いてるわやっぱり」

第60Q

p13
「一本ずつで(改行)いいわよ♡」→「一本ずつでいいわよ♡」
「一人一人」ルビ 「 り り 」→「ひとりひとり」

p14
「ヒくほど」→「引くほど」

p18
「ムスッとしてんだよ」→「ふくれてんだよ」
「抜く時使えば」→「抜く時 使えば」半角スペース追加

第61Q

p2
練習試合のスコアが「誠凛85-秀徳91」→「誠凛82-秀徳91」
藤巻先生の謎のこだわり

p3
「分かってる」→「わかってる」

p5
3コマ目背景追加

p6
3コマ目背景黒ベタ追加

p8
「それだけど…」→「それだと思うけど…」

p9
1コマ目背景黒ベタ追加

p11
「って」→「っと」

p14
3コマ目背景黒ベタ追加

p15
高尾くんの目尻に涙が削除

p17
3コマ目4コマ目背景黒ベタ追加

p18
「オマエはそんなものではないだろう」→「そんなものはまだ武器とは呼ばん」
本誌掲載時は緑間くんの台詞としては違和感があったので納得の修正

p19
「その癪にさわる過大評価を正してやる」→「その安直な結論を正してやる」
img011_convert_20100607195316.jpg


---

まとめ

大量にある数字の表記変更については法則性がイマイチ掴めませんでした…。
あと藤巻先生は画の修正がほとんど無いのが地味に凄いと思うのですがどうだろうか。

今回初めてこのような事をやったので、不備があると思います。
ご指摘やアドバイスがありましたら、遠慮なくコメントください。


[ 2010/06/07 21:16 ] 黒子のバスケ | TB(0) | CM(0)

2010年27号チャンピオン感想 (ツンデレメガネ委員長復活ッ!号)

バキ、弱虫ペダル、浦安、みつどもえ、WORST、バチバチetc…
6月のチャンピオンコミックスはまた随分と豪華な顔ぶれですこと。
巻島さんvs東堂さんの超熱バトルが収録されてる弱虫ペダルが個人的に期待大。


弱虫ペダル

復ッ活ッ! ツンデレメガネ委員長復活ッ! ツンデレメガネ委員長復活ッ!!

いやー久しぶりの登場ですね委員長。箱学のメンバー決定以来かな?
これで幼馴染み属性も持っているというんだから、テンプレもここに極まれり!って
感じですが、テンプレ大好きな管理人には何の問題もないのであった。
彼女と山岳くんとの絡みはついニヤニヤしてしまうので、今後もどんどん出番を増やしていただきたい。

一方、復活の兆しが見えないのは田所さん。
これ20%どころか完走できたら奇跡的なレベルなんじゃないでしょうか。
今後の展開予想としては御堂筋くんの「総北バラける」予想から推測すると
巻島さんが鳴子を、坂道が田所さんをそれぞれ引っ張っていくっていう感じになるのかな?
このまま素直に田所さん退場はさすがにあり得ない…よね?うーん、先が読めない。

それにしても御堂筋くんあんなにデカイ態度とってる癖に
作戦会議のときは一人だけ正座ってなんか和んだwホント見てて飽きない良キャラです。


範馬刃牙

アメトーークで「グラップラー刃牙芸人」放送決定!!
いやー3月のケンコバのプレゼンから待ち侘びていましたが、ついに決定ですか。
今から6月17日が楽しみですね。忘れずに録画しないと。

あ、本編については特に言うことないです。だって相変わらず中身ゼロなんだモン…


GAMBLE FISH

あの、どう見ても打ち切りに向かって一直線なんですが・・・どうしてこうなった。

親番は一回交代とする!!って言っておきながら一回負けたら死亡って鬼畜すぎるw
しかもここまで色々とお膳立てしてきたOB会の決勝戦が、
技術もヘッタクレもなく下手したら一発で終了とかギャラリーは本当に満足なんでしょうか?
電気椅子での死に様が見たいならいくらでも他で見れるだろうに。

どうしてこんなワケの分からない展開になったか真面目に考えてみると、
本来は白鷺の言うとおり負けターンが一定数(たとえば3ターンとか)に
達したときにスイッチを入れるというルールだったんでしょう。
しかしアンケが振るわなかったのか何なのかわかりませんが、打ち切りが決まってしまい
話を早めに畳まなければいけなくなってしまった。
そこで急遽一発勝負(まあドローを繰り返せば何ターンも出来るっちゃ出来るけど)ということに
してみたものの、最初に考えていた展開との間に無理が生じてしまった…とまあそんなところでしょうか。

チャンピオンの中ではかなり好きな漫画なだけに、変な風には終わってほしくないんですが・・・
うーん、どうだろうか。


[ 2010/06/04 17:10 ] チャンピオン感想 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。