スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2010年26号ジャンプ感想 (まさかのユピー退場&冨樫休載突入号)

今週のこち亀は素直に感想を書くとあまりにも不平不満が飛び交って
見苦しすぎるため、途中で書くのやめました。秋本先生大丈夫かなぁ・・・

HUNTER×HUNTER

長くなったので考察として別記事を一本書きました。お時間あれば読んでくださると嬉しいです。
それにしてもプフはとっくに胃に穴があいてると思う。


バクマン。

えーっと、服部さんもしかしてやっちゃった?
あんまりバクマンに対して穿った見方をしてないつもりなんですけど、
今週の展開は明らかにそうとしか読めない僕は心が汚れてるのだろうか・・・
いやーまあ岩瀬キレイだしね。あんなにアプローチされたら陥落てもしょうがないよね。

あ、サイシュー新連載おめでとうございます(棒)


黒子のバスケ(センターカラー)

海常vs桐皇学園の本編については来週以降結果が出てからまとめ記事を書きたいです。
それぐらいこの試合は熱く、面白かった。でもその前に今月出る7巻のレビューが先かな?
当ブログは黒子のバスケを応援しています。

人気投票は1位黒子、2位緑間、3位火神の順でしたが、まあまあ妥当なところではないでしょうか。
いまやれば黄瀬くん、青峰くんを中心に海常、桐皇学園勢の順位はもっと上がりそう。
自分的にそんなに意外な結果はなかったのですが、藤巻先生はどの辺を意外だと思ったんだろう。

あとNBAの取材に行くってことはもしかして世界戦フラグですかね?
今すぐではないでしょうが、将来的に高校日本選抜vsアメリカ選抜とかを見据えてるのかもしれない。
でもその頃にはバスケ版テニプリになってそうで期待の反面ちょっと怖いですがw


少年疾駆(新連載第2回)

主人公が創造力に目覚めかけた話はどこいったんだというツッコミは兎も角として

・主人公は単なるカッコつけでなく実際に影で努力している
・実際にCLの試合を観戦することで最終目標(作品のテーマ)をあらためて明確にする



という二点だけ見ても丁寧な仕事ぶりが伺える、非常によく出来た一話でした。
特に、最終目標であるCLをDVDとはいえ主人公が実際に目の当たりにしたことは、
そこを目指して今後頑張っていこうという動機づけに繋がる重要なエピソードだったと思います。
やっぱり聞くのと見るのとでは大違いだと思うのですよ。CLなんて普通の小学生には全然ピンとこない話だろうし。
先週話だけ聞いて、「なんかカッコ良さそうだから俺もそこ目指すわ」だけじゃちょっとな~と
感じてたのでいい意味で予想を裏切られました。

リリエンタールもそうだったけど丁寧にかつ不快感を与えないような細かい配慮が随所に見られるので
個人的にはメタリカメタルカよりも期待して見ています。
ただ小中学生にそれが受け入れられるかは別問題なんだよなぁ。


トリコ

インフォームドコンセント(説明と同意)って重要よね、というお話。
これ下手すると20年間トリコは副作用に悩まされていたことを思うと、地味に恐ろしい話ですよ。
とはいえ説明したとしてもトリコなら二つ返事で再生してくれ!って言いそうだし、
結局状況は変わらなかったかもなぁ。


LOCK ON!

俺はライオン見に来たんだぞ!と切れる猿渡さんが可愛すぎるw
ここ数週の『LOCK ON!』は安定して読めるからイイですね。

[ 2010/06/01 16:47 ] ジャンプ感想 | TB(0) | CM(0)

2010年25号ジャンプ感想 (『少年疾駆』連載開始号)

少年疾駆(新連載)

少年sick = 中二病
ということですね。わかります。

まあそんな冗談はさておき、
テンポも悪くないし、画力も伸びしろがありそうなので
想像していたよりも悪くなかったです。今回の新連載は2作とも当たりかな?

サッカーが上手いからといって卵を蹴っても割れないってのはどうなの?
というツッコミもありますが、まあ少年漫画だしこのくらいのハッタリは許容範囲でしょう。
考えようによっては連載が行き詰まったときにキャプ翼、テニプリ路線に進むこともできますしw
来週以降出てくるであろうヒロイン、ライバルにまずは期待。


ワンピース

尾田先生がまいんちゃんを知っているだと・・・


BLEACH

うしろ とってるで 

いや毎回思うけどそんなこと言うヒマあったら攻撃しようよw
雨宮さんなら確実に急所に一撃入れてるだろうになー。
あとどうでもいいけど”舞踏連刃”と”武装錬金”って似てるよね。


メタリカメタルカ

すごい既視感を感じると思ったら、これはあれだ。悟空とブルマ。
この作品は王道で少年読者の心を掴むことを目指す作品だと思うので、
子供の主人公と大人びたヒロインという組み合わせはベタですがアリだと思います。
『ダイの大冒険』という成功例もありますし。

しかし今回のタイトルは正直どうだろうか。笑ったけどw


バクマン。

駄目だな…全然駄目だぜ!
この漫画では新妻くんに勝てないと思ってるお前ら3人は編集として失格だ!!


…というような、うみねこのなく頃に展開になるのかなぁ?
一応今週フラグは立てたけど、まさか他誌で描くということにはならないだろうし。

評価は良いことは置いといて看板漫画に勝ってるかどうかだ、という編集長の言葉は
今のジャンプ編集部がリアルに抱えてる問題意識かもしれませんね。
今週の掲載順を見てもわかる通り、もう長いことワンピ、ナルト、BLEACHが上位連載陣として固定されており、
それに取って代わるような勢いのある新連載が出てきてない状況が続いてますから。


保健室の死神

今週のほけしにはレベル高いな!

「負けた奴が解説役に成り下がってる」というのもそうだけど、
マンガの中でマンガ的お約束をマンガの登場人物がツッコミ入れながらやるというのが
ギャグとしてこんなにも面白くなるとは思わなかった。
しかもそれを病魔の仕業ということにしてストーリーには一切無理がない。
見事なお点前でした。アンケ書こう


めだかボックス

あーもう、人吉くんもめだかちゃんも可愛いな!

それはさておき今週はストーリー上、色々と考察できる要素が増えましたね。
めだかちゃんと、真黒、くじらが異母兄弟であることや、球磨川との邂逅、
十三年前の思い出、十三組の十三人、13番-黒神めだか、などなど、
やたらと13という数字が強調されていることも気になります。
漫喫行ってもう一回最初から読み直そうかなー。


SKET DANCE

コミックスもドラマCDも全部買っているSKET DANCE大好きの管理人ですが、
今回の結末を見る限り、修学旅行編はやっぱり失敗だったなぁと思うのです。
正確に言うと、修学旅行というおいしいイベントを使ってまで、
今回のような色恋話を展開させる必要があったのか、ということなんですが。
サーヤという起爆剤によってスケット団の関係性が変わっていくということを表現したいなら
なにも修学旅行というイベントを使わなくても、それこそ日常の1イベントで2週くらいかければできたわけで
(椿くんの猫化、ボッスンとヒメコの入れ替わりも同様)

結局、修学旅行というお泊りの場でしかできなかったことといえば、
着替えとおしっことお風呂だけだというところを見ると、
作者の性癖を表現しただけの自己満足だとアンチに言われてもしょうがないと思うのです。
僕を含めて、もっとキャプテンやデージーちゃんやロマンちゃんとスケット団がキャッキャウフフしてるのが見たかったよ!
という人は多いんじゃないかなぁ。

まあ終わってしまったことをグダグダ言ってもしょうがありませんので、
ちょうど作中の季節も変わることですし、この修学旅行を経てスケット団がどう変わっていくのか、
暖かい目で見守っていきたいと思います。
あと篠原先生はコミックスでアンケの結果について触れてくれるので
この修学旅行編がコミックスに収録された時のコメントが今から楽しみですね。

[ 2010/05/24 18:42 ] ジャンプ感想 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。