スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2010年26号ジャンプ感想 (まさかのユピー退場&冨樫休載突入号)

今週のこち亀は素直に感想を書くとあまりにも不平不満が飛び交って
見苦しすぎるため、途中で書くのやめました。秋本先生大丈夫かなぁ・・・

HUNTER×HUNTER

長くなったので考察として別記事を一本書きました。お時間あれば読んでくださると嬉しいです。
それにしてもプフはとっくに胃に穴があいてると思う。


バクマン。

えーっと、服部さんもしかしてやっちゃった?
あんまりバクマンに対して穿った見方をしてないつもりなんですけど、
今週の展開は明らかにそうとしか読めない僕は心が汚れてるのだろうか・・・
いやーまあ岩瀬キレイだしね。あんなにアプローチされたら陥落てもしょうがないよね。

あ、サイシュー新連載おめでとうございます(棒)


黒子のバスケ(センターカラー)

海常vs桐皇学園の本編については来週以降結果が出てからまとめ記事を書きたいです。
それぐらいこの試合は熱く、面白かった。でもその前に今月出る7巻のレビューが先かな?
当ブログは黒子のバスケを応援しています。

人気投票は1位黒子、2位緑間、3位火神の順でしたが、まあまあ妥当なところではないでしょうか。
いまやれば黄瀬くん、青峰くんを中心に海常、桐皇学園勢の順位はもっと上がりそう。
自分的にそんなに意外な結果はなかったのですが、藤巻先生はどの辺を意外だと思ったんだろう。

あとNBAの取材に行くってことはもしかして世界戦フラグですかね?
今すぐではないでしょうが、将来的に高校日本選抜vsアメリカ選抜とかを見据えてるのかもしれない。
でもその頃にはバスケ版テニプリになってそうで期待の反面ちょっと怖いですがw


少年疾駆(新連載第2回)

主人公が創造力に目覚めかけた話はどこいったんだというツッコミは兎も角として

・主人公は単なるカッコつけでなく実際に影で努力している
・実際にCLの試合を観戦することで最終目標(作品のテーマ)をあらためて明確にする



という二点だけ見ても丁寧な仕事ぶりが伺える、非常によく出来た一話でした。
特に、最終目標であるCLをDVDとはいえ主人公が実際に目の当たりにしたことは、
そこを目指して今後頑張っていこうという動機づけに繋がる重要なエピソードだったと思います。
やっぱり聞くのと見るのとでは大違いだと思うのですよ。CLなんて普通の小学生には全然ピンとこない話だろうし。
先週話だけ聞いて、「なんかカッコ良さそうだから俺もそこ目指すわ」だけじゃちょっとな~と
感じてたのでいい意味で予想を裏切られました。

リリエンタールもそうだったけど丁寧にかつ不快感を与えないような細かい配慮が随所に見られるので
個人的にはメタリカメタルカよりも期待して見ています。
ただ小中学生にそれが受け入れられるかは別問題なんだよなぁ。


トリコ

インフォームドコンセント(説明と同意)って重要よね、というお話。
これ下手すると20年間トリコは副作用に悩まされていたことを思うと、地味に恐ろしい話ですよ。
とはいえ説明したとしてもトリコなら二つ返事で再生してくれ!って言いそうだし、
結局状況は変わらなかったかもなぁ。


LOCK ON!

俺はライオン見に来たんだぞ!と切れる猿渡さんが可愛すぎるw
ここ数週の『LOCK ON!』は安定して読めるからイイですね。

[ 2010/06/01 16:47 ] ジャンプ感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doudarouka965.blog133.fc2.com/tb.php/9-9f37b993


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。