スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2010年29号ジャンプ感想 (村田先生読み切り『マインズ』掲載号)


ゴンさんとピトーのバトルを描いたGIFアニメが凄かったので、つい記事にしてしまった件。
こういうの見るとOVAでもいいから蟻編のアニメが見たくなってきますね。
最低でもR-15は免れない作品になりそうだけどな!


マインズ(読み切り)

先週の西先生の読み切りがあまりにアレな出来だったこともあってか、
すごくよく出来た作品だなと思いました。さすがアニメ化までされた連載経験者は違う。

画力の高さは今さら言うまでもないですが、
何でも出来る偵察部隊のエース格好良い!というような単純なストーリーにせず、
頑張って任務をこなしてるのは出世のためという点や、エースだって怖いものは怖い(地雷アレルギー)という
人間臭さをきちんと描いた点が非常にポイントが高いです。
おかげでカイ軍曹がただの超人ではなく読者にも共感しやすいキャラになっている。

また、そんなカイ軍曹の良き理解者兼パートナーとして、カズマも物語に不可欠な存在となっており、
特にカイさんが出世を目指すのは組織を変えるためという真意をカズマの口から説明したのはよかった。
自分で実は俺は~だと思ってたんだぜ!と言っちゃうのは残念な印象を与えかねないですしね。

とまあ、よく練られた非常に出来の良い作品だったのですが、
これが少年ジャンプでウケるかと言われると即座に首を縦に振ることは難しい。
戦場という題材や大人なキャラクター達を考えるとどちらかと言えば青年誌向けの作品と言えるでしょうし。
(女の子が全く出てこないこともマイナスポイントかな?)

ただ、この作品で連載を目指すにしろ、また別の作品に挑戦するにしろ村田先生の今後にはとても期待が持てます。
要するに、西先生もっと頑張れ!と声を大にして言いたい。おっぱい描けばいいってもんじゃないですよ全く。


トリコ

しまぶー連載100回おめでとうございます!
もう丸々2年連載してる計算になりますが、初期の頃と比べても全くテンションが落ちてないのは流石ですね。
直球ど真ん中のバトルものはジャンプにおいても貴重なので、これからもどんどん熱いバトルを描いて頂きたい。

ところで本編でテリーが普通にトリコたちと蟹ブタを食べてたんですが、
グルメ界の食べ物しか口に合わないという設定はどうなった?BBコーンとは一体なんだったのか・・・
まあ長く人間界にいて人間界の食べ物にも適応出来るようになったということで脳内補完。


べるぜバブ

img022_convert_20100621171059.jpg

出馬よ、今すぐその場所を代わr・・・いや代わってくださいお願いします。
なんといううらやまけしからんプレイ。女子高生に踏まれるとか!踏まれるとか!(大事なことなので二回言いました)
入浴シーンやパンチラだけがエロだと思ったら大間違いということを示してくれた田村先生マジ偉大。

ただ、姫川くんのリーゼントがネットにつき刺さる様を描かないのは勿体無いと思いました。
絵面的に間違いなく面白いと思うのだがどうだろうか。


PSYREN

PSYREN小説化ということですが、アビスとアゲハの1日デートが気になりすぎる。
いかにぶっ壊れたデートになるか・・・ここはSOW先生の腕前に期待しましょう。

さて、本編はともかくセンターカラーにきちんと3人娘を持ってくる辺り、
岩代先生は読者の求めてるものがちゃんとわかってますね!(せっかく再登場したヒリュー君には悪いけど)
ただ服装のせいか絵柄のタッチのせいかわかんないけど、なんか・・・古いです・・・・・・80~90年代の匂いがする。


少年疾駆


「沢井SCというチームを知っているか?」

「・・・ああ、あのDFライン強いそれなりに強いチームだろ。まあ去年の試合では俺が2点とって快勝したけどな!」

「フッ、2点か・・・」

「・・・?」

「俺の得点を教えてやろう 12点だ

「!?」

「今年はこの俺が 御崎FCを沈める・・・!楽しみにしていろ・・・!」


先週の感想でツッコんだ12点とったことの凄さがイマイチ伝わらない問題についてきちんとフォロー
されてた点に関してはとりあえずホッとしましたが、上記のようなやり取りにしておけば
何も問題なかったとあらためて思うんだがどうだろうか。

さて、次週からいよいよ試合ということで、ようやく主人公の活躍が描かれそうな予感。
無口な陣明くんのキャラを立てるためにある程度仕方がなかったとはいえ、
そろそろ主人公にもサッカー面でのキャラ立てをお願いしたいです。


SKET DANCE

構成の上手さは然ることながら、今週のSKET DANCEの最も素晴らしいところは
安形さんの勘違いによって結局誰も不幸になっていない点だと思います。
こういうすれ違いネタは大抵登場人物の誰かが最後にイタイ目を見るのが通例ですが
安易にそういう展開にもっていかず、より良いオチを作り出した篠原先生に拍手を送りたい。

あと、個人的にはデージーちゃんが榛葉さんと普通に会話(しかも恋愛ネタ)していたことが
とっても嬉しく感じました。
色んな事を一人で抱え込みがちなデージーちゃんが真に生徒会メンバーと打ち解けたかと思うと
なんとも微笑ましいですね。


バクマン。

とある漫画家の息子だけど何か質問ある? ※ネタばれ注意

中井さん再登場ということでますますこのスレの内容が真実味を帯びてきた件について。
しかし本当にガモウの息子だとしたら今後はマジで自重してもらいたい。
ネタばれされても誰も得しないよなぁ・・・


黒子のバスケ

「バッシュにうんこ→このまま使ってればケガしたかもしんねー」
「練習中の鳴声→試合中に突然大きな音やヤジが聞こえることはあることだ」


火神くんの超絶ポジティブっぷりに笑ったw
緑間くんは狸の置物よりも大型犬をベンチに置いておけば良かったよね。

そしてテツヤ2号を擬人化して黒子(テツヤ2号)×火神の同人誌はアリだな・・・と思った自分は相当頭が沸いている。
お父さんお母さんにはごめんなさいしないといけないよね。


めだかボックス

で、出たーー!クマガワーさんの磔御免だーー!!(元ネタ→

最初、雲仙くんの股間にネジが刺さってるように見えて、
あぁ・・・この年齢でかわいそうに・・・・・・といたたまれない気持ちになったのは秘密だ!


LOCK ON!

『WORKING!!』の伊波さんよろしくボコデレというのはアリだと思います!
リアルでいたら間違いなく近寄らないけどな!!

そんな、変態を引き寄せる異常(アブノーマル)でも持ってるんじゃないかと疑わしいニコちゃんですが、
彼女の心の闇をカメラのフラッシュの光で照らす描写はとても上手い見せ方ですね。
ここ数週は土田先生の実力の向上が如実に見て取れるだけに、できればもっと続いて欲しいのですが
このままいくと打ち切りなのよねー・・・
[ 2010/06/21 19:52 ] ジャンプ感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doudarouka965.blog133.fc2.com/tb.php/17-06193876


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。